« 金髪ブタ野郎!! | トップページ | 開幕☆ »

2008年11月 1日 (土)

秋の夜長

最近、だんだん寒くなってきましたね

私は起きた瞬間に激辛カレーが食べれるくらい寝起きからテンションをハイにもっていくことができますが、なかなか布団から出られず毎日、辛い朝を過ごしている方も多いと思います

今日は睡眠の質について考えてみましょう

実は睡眠は時間と同様、それ以上に質が大事なのです

いくら7~8時間、睡眠が取れても質が悪ければ逆に疲れてしまうことだってあります

では重要な睡眠の質を上げていくにはどうしたら良いのでしょうか

いくつか改善策がありますので紹介しますね

まず食事は睡眠の約3時間前までに済ませてください

何故かというと寝る前は体温が下がることで「寝る準備」を脳がします。

しかし睡眠、直前に食事を摂ってしまうと体温や血糖値が上がり、脳が準備をすることができなくなってしまうのです

そうすると体は起きたまま、休息している状態になってしまうので、本来の睡眠の質を確保することができません。

また内臓も消化や吸収のために動き続けてしまうので、妙な疲れが残ったり、起床時にもたれを感じることになります・・・

専門的ではなく簡潔に説明しますので、とりあえず食事は早めに済ませてください

次にストレスをなくすことです

簡単に言いますが難しいですよね

ここも改善策を簡単に紹介します

とにかく笑ったり、泣いたりしてください

人間の自律神経は起床時は交感神経、睡眠時は副交感神経が優位になっています

なので睡眠時に仕事や悩みで生まれるストレスがあると交感神経が優位なまま睡眠に入ってしまい、体を休めることができなくなってしまうのです

全てを取り除くことは難しいですが笑ったり、泣いたりすることで副交感神経が刺激されるので交感神経を抑えるのに効果的だと言われています☆

また体を温めることも副交感神経を高めますので、寝る前に温かい牛乳やお茶を飲むのもGOODです

最後に自分に合った寝具を探すことです

人間は人生の3分の1から、4分の1を寝て過ごします

その何十年を体に合わない寝具で過ごすことを考えるだけで恐ろしい・・・

自分に合っていないと睡眠の質+肩こり・腰痛・顔の歪みの原因になることもあるのです

ちなみにうちに来ていただいているお客様の中にも「首のシワを気にして、枕は使わない」という方がたまにいらっしゃいますが、神話のような話なのでちゃんと使用してください

人生の中でなかなか「ベスト」っていう物に巡り合えることは、稀ですが評判が良ければ、まぁ大丈夫でしょうから、気になる方は変えてみましょう

ここに書いた改善方法はほんの一部なので、睡眠でお悩みの方は世間話の感じで軽く聞いてください

|

« 金髪ブタ野郎!! | トップページ | 開幕☆ »