« クリスマス・イヴ | トップページ | 久々の更新☆ »

2008年12月25日 (木)

クリスマスプレゼント。

今日、サンタさんがクリスマスプレゼントをくれました。

久々に、おじいちゃんとおばあちゃんの夢を見れたんです。

なくなってから3年経ち、当初はよく夢で会えたのですが、ここ最近は全く出てきてくれませんでした。

おしい夢は見ていたんです。

学生の頃よく祖父母の家の前に自転車を停めて、電車で出かけていたので、夢の中でそのシチュエーションにはなるのですが、面倒臭がって家に寄らない私。

それはまさに私が現実に行っていたことで、今となっては後悔してもし尽くせない事の1つです。

出かけて帰ってくると自転車に「ちょっと顔見せてね」とか「ご飯食べていきな」と張り紙がしてあることもありました。

そのときの私は大切なものが、いつまでも自分のそばにあると勝手に思い込み、それがいつか失われるなんて、これっぽっちも考えていませんでした。

今、思い出すと何故、あのときもっと一緒にいてあげられなかったのだろうと涙が溢れてきます。

いつか時間ができたら、と延ばし延ばしにして一生、拭い去ることができない後悔だけを残した私に「明日やろうは馬鹿野郎」という言葉が胸に刺さります。

3年前、お通夜で泣き崩れ、立てなくなるほどの深い悲しみを味わったことで自分を見つめ直すことができました。

天国のおじいちゃんとおばあちゃんを悲しませないためにも、自分の人生を止まらずに夢中で進んでやろうと思います。

|

« クリスマス・イヴ | トップページ | 久々の更新☆ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。