« 梅雨には加圧トレーニング。 | トップページ | 今日の暑さ。 »

2009年6月21日 (日)

道路に落ちている物の真実。

車やバイクを運転する方なら、何度も体験したことがあると思うのですが、道路に落ちている黒い布的な物体を「まさか!?(>д<)」と見間違えたことってありませんか?

それを見つけたときって何メートルも前からドキドキですよ(>_<)

このまま見ていようか…

いや、目をそらして気にしないようにしよう…

そんな葛藤が瞬時に生まれます(^_^;)

結局、タオルや軍手なので、気分が暗くなることを何とか免れることができるのですが、では何故そういったものが落ちているか、やっとわかったんです!

答えは大型車☆

大型車の給油部分は普通車のように保護されておらず、外に付いているのが一般的で、そこに汚れが直接、付着するのを防ぐためにタオルや軍手を巻き付けているのだそうです。

それが走行中に落ちてしまうそうなんですが、ホントいい迷惑です(-_-;)

なんで軍手が片方だけ落ちているのか不思議だったんですよね~(´・ω・`)

謎は解決しましたが、きっとこれからも道路で布的な黒い固まりを見つけたらドキドキしながら、慎重に避けてしまうことでしょう( ̄▽ ̄;)

|

« 梅雨には加圧トレーニング。 | トップページ | 今日の暑さ。 »